交流会レポート


2016年9月2日、近畿エリア・四国エリアの会員工務店の交流会を開催しました。

ゲスト講師3社の講演と、参加者同士の情報交換と親睦を深めていただくための交流会です。当日は34社42名にご参加いただきました。

 

はじめに、1つのグループあたり6名~10名に分かれて参加者同士、名刺交換と簡単な自社の紹介をします。

 

その後、第一部講演へ。

会社を良い循環でサイクルを回すための注文住宅のメニュー作りのポイントと注意点について講演がありました。

「年々パワーアップするために色んな会社を見させてもらい、かなりヒントを貰った」
と語る大池社長。

会員工務店同士だからこそできるネットワークの輪をフル活用されている、ステキな工務店さまです。

 

taikai01

【↑講演の様子↑】

 

第二部講演は、

実際にお客様へ接客している営業トークをご紹介していただきました。

父親の後を継いで2代目社長さまが職人の道から故郷にもどった時、非常に経営が厳しい状況だったそうです。

地域で水害があっても修繕の仕事は来ない・・・
業者さんから見積り金額を上げられた際も「お前のところに言われる筋合は無い」という厳しい言葉を言われ・・・
業者さんとの忘年会では「来年の仕事はあるのかよ?」と聞いてすぐ帰る・・・

そんなツライ時期を過ごした会社でした。
しかし今は、坪90万円、物件単価3500万円の新築を毎年10棟受注しています。

その理由は、『営業力を磨いたから』でした。

笑顔、尊敬感、あいさつ力、資金計画、建築の知識の説明、お客様の断りをひっくり返す力、負けない営業・・・。学んだことは数多くあり、それを参加された会員工務店さまに惜しみなく披露されました。

 

tenji

【↑会場にいっぱいの展示資料(写真撮り放題!)↑】

 

第三部講演は、

社員1人あたり生産性をUPさせるための『仕組みづくり』について講演がありました。

優秀な営業マンがいるから受注がとれる
優秀な現場監督がいるから品質が上がる
優秀な社長がいるから受注がとれる

というような、人に頼った経営を止めて、誰でも受注がとれる『仕組み』をつくり、来月も、半年後も、来年も、5年後も、“受注し続ける力” をつける事こそが真の安定経営だと熱く語っていただきました。

 

紹介の仕事が来るのを待つラッキーパンチではなく、受注できるパターン化(=仕組み)があれば受注がとれる確率論で将来の見込みが立つ。

そのための方法を講演していただきました。

そして、交流会が終わった後は、お楽しみの懇親会!!

 

konshin

32名の会員さまが、ワイワイガヤガヤ楽しそうに乾杯をしています。静かなわけがありません。

初めて会った人同士でも、どのテーブルも話が弾んでいます。各テーブルで情報交換し合い、お酒の力も借りて本音で聞きたいことを聞いていただきました。

仕事の話だけではなく、遊びの話もコミュニケーションを楽しんでいました。

 

皆さまには 「また開催して欲しい」 「こういう会があれば絶対また来る」 と言っていただき、満足していただけたのではないでしょうか。

今後も定期的に開催していきたいと思います。

 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です