広告の善し悪しがわかる3つの質問


qa-jpeg

皆さんは見学会のチラシを撒いていますか? もしくは撒いたことはありますか?

チラシを撒いたことがない方は、チラシをこれから作る場面を想像して読み進めてください。
いまからあなたに3つの質問をします。準備はいいですか?
あなたの見学会に参加することで、

  1.  どんな家を見ることができますか?
  2.  参加したら何の得がありますか?
  3.  そもそも、あなたの会社を信用していいですか?

 

あなたが撒いた(もしくはこれから撒こうとしている)チラシには、これら3つの質問の答えが載っていますか?
もし3つともチラシに載っているのなら、きっと集客はうまくいったのではないでしょうか。

チラシや集客レターの善し悪しは、この3つの質問に集約されるといっても過言ではありません。
3つともチラシに載せていなかった方は、これからお伝えする内容を確認してみてください。

 

1.どんな家を見ることができますか?

当然ですが、お客さまはあなたがどんな家を造っているのか興味を持っています。ただし、ここで言う「家」というのは建物自体のことだけではありません。

「どんな暮らしができる家なのか」という事にも興味があるのです。その家でどんな生活ができるのかイメージできるようにすることが重要です。
例えば、「広い玄関ホール」ではなく「趣味の自転車もラクラク入る、広い玄関ホール」に。「アイランド型キッチン」ではなく「子供たちがどこにいるのかすぐわかる、家中を見渡せるキッチン」に。「広々としたバルコニー」ではなく「布団が4つ同時に干せて、夜には家族で天体観測。快適バルコニー」にするなど、お客さまがイメージできる表現でチラシに載せましょう。

 

2.参加したら何の得がありますか?

例えば、共働きの子育て世代のお客さまの場合、奥様は、平日は仕事で忙しい。帰ってきたら家事で忙しい。休みの日は子供で忙しい。とにかく忙しい子育て世代。

そんな人たちが自分に何の得もないのに時間をつくってまで見学会に足を運ぶ。なんてことはきっとあり得ないですよね。
この世代に限らずですが、自分に得を感じないものには行動しません。
子育て世代に見学会に来場してもらうためには、

  • いま建てるべきか? それとも5年後? あなたの建て時がわかる
  • どうすればたくさんの土地情報を簡単に集められるかを聞ける
  • 低金利時代は終わる? いまの賢いローン必勝法を知れる
  • 限られたスペースでもスッキリ収納の秘訣を体感できる
  • はじめての家づくりに関しての疑問が聞ける

など何の得(メリット)があるのかを分かりやすく載せましょう。

 

3.そもそも、あなたの会社を信用していいですか?

折込やポスティングのように不特定多数に広告を出す場合、あなたの会社のことを知らない方がほとんどだと思います。

そんな中、あなたの見学会の案内に興味を持ったお客さまの心境はと言うと、

「初めて聞く会社だけど、悪徳な工務店じゃないよね。」
「売り込みがしつこかったらどうしよう。」
「ちゃんとした家を建ててくれるのかな。」

のような不安を抱えています。

ですので、お客さまの声、実績、会社の歴史、社長の家づくりへの想いやメッセージ、しつこい営業しません宣言、などの会社への不安を解消する情報が効果的です。

 

以上、3つの質問に対して答えるためのヒントをお伝えしました。
チラシや集客レターなどの広告をつくったら必ず、この3つの質問を自分に投げかけてみてください。

しっかりと答えられる広告になっていれば、きっと思い通りの集客ができるはずです。

 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です