見られるホームページ、見られないホームページ


今回は、見られるホームページと見られないホームページの違いについてお話します。

いまやパソコンやスマホを開けば、天文学的な数のホームページがWEB上に存在しています。家づくりをするお客様も、一瞬でアクセスすることができる時代です。

例えば、「大阪 注文住宅」 で検索すると約377万件がヒットします。当然、377万件のホームページを全部チェックする人なんていませんよね?

では、一般的に検索結果の上位から何件までを見る人が多いと思いますか?

 

正解は・・・

 

80%の人が「上位7件までしか見ない」そうです。

 

上位7件。これが意味していることは、「検索結果の1ページ目に表示されている件数」 です。つまり、80%の人は2ページ目は見ない。ということです。

例えば「大阪 注文住宅」 で検索して約377万件中、上位7件に出ない工務店のホームページは80%の人に見られません。反対に、上位7件までに表示される工務店は信頼されます。

そして、ホームページを上位表示させる方法はSEOですが、SEO対策をする際に大切なことがあります。それは “どんなお客様に対してSEOをかけるのか?” です。

 

検索サイトは大きく分けて Yahoo、Google、bing の3つ。(bingとはMicrosoft社の検索サイトです)

そして、YahooとGoogleを使って検索する人は95%、bingを使う人は5%。女性はYahooを使う人がほとんどで、男性はGoogleを使う人の方が多いそうです。(ちなみに、工務店はYahooを使っている会社が多いです)

“誰に対してSEOをかけるか” によって戦略が変わりますよね。

 

ホームページの目的

家づくりを検討しているお客様がホームページを見る目的って、何でしょうか?

もちろんその会社のことを調べるため。ですよね。
ということは、ホームページには見ず知らずの人でも、あなたの会社のことが分かるように情報を配置しておく必要があります。

工務店様が見学会などのイベント情報を載せているのは、お客様に 『この会社が建てる家はこんな特徴があるんだ』 『役立つ情報がたくさんあって信頼できそうだなぁ』 と思ってもらうためです。

 

社長やスタッフがブログを書いている工務店もあります。

これもブログを読んでもらうことで、どんな会社なのかを知ってもらったり、親近感を持ってもらったりするためです。

しかし、ブログには落とし穴があります。

特に、無料ブログ(ブログの開設・維持にお金が一切かからないブログ)を使っている人は要注意です。なぜかと言うと、“無料ブログには広告記事が貼られている” からです。

先程も言ったように、工務店がブログを書く目的は 「どんな工務店なのかをしってもらうこと」 と 「親近感を持ってもらうこと」 です。

きっとブログを読んでいる人は、近い将来に家づくりを真剣に考えていて、まだ依頼先の住宅会社を決めていない人です。それなのに、無料ブログの文章と文章の間にあるのは・・・

競合他社の広告

ですよね。

せっかくブログによって家づくりの気持ちが高まってきたのに、競合他社の広告をみてクリックして資料請求や見学会の予約をされてしまったら・・・ブログを書いても元も子もないですよね。これが、無料ブログの落とし穴です。

 

これを防ぐ方法は2つあります。

1つは、自社のサイト内にブログページを設置するか、独自ドメインを取得しサーバーを借りてブログを運営することです。

2つ目は、無料ブログの運営を有料プランに変更することです。無料ブログは勝手に広告が入ってきてしまいますが、月1000円くらいの有料プランに変更すると広告を削除できます。
要は、無料ブログをやめることです。

ブログをやっている方は、ぜひ見直してみてください。

 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です