2017年の幕開け


あけましておめでとうございます。

今年もこのブログでは、1人でも多くの工務店経営者様に安定経営していただけるよう、さらに役立つ、質の高い情報や知識、事例を発信してまいります。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、この年末年始、皆さんはどう過ごしましたか?
私は酸素カプセルに初めて入りました。

酸素カプセルとは、カプセル内部の気圧を上げることで強制的に身体に酸素を取り入れることができる装置です。地上では1気圧のところ、1.2気圧~1.5気圧の体験ができるものです。高濃度の酸素を取り込むことで、人間が本来持っている回復機能を高めることができると言われています。

サッカー日本代表の香川選手は、疲労回復のために日常的に酸素カプセルを使っています。また、デビッド・ベッカム選手は、骨折からわずか1ヵ月後に代表復帰してワールドカップの試合に出場したというのは有名な話です。
プロ野球でも、阪神タイガースの金本監督が選手時代に1492試合連続で全イニング出場という記録を残せたのは、酸素カプセルを使っていたからだと言われています。

 

酸素カプセルの中に入り、機械が動き始めると内部の気圧が変わっていきます。飛行機に乗ったときのように耳がキーンと鳴る感覚があるのですが、設置されているテレビを見ながら寝転がっているだけです。

 

40分後にカプセルから出ると、何となくスッキリした気分になったものの特に変化は無いように思えました。

しかし。しばらくすると次から次にいろんな効果が現れました。

正月というのは、どうしてもお酒を飲む機会が多いもの。でもいつも以上の酒量を飲んでも酔いにくいうえに、身体も疲れにくいのがハッキリと実感できます。その日の夜も、朝までぐっすりと10時間睡眠。一度も起きることなく、寝返りをうった記憶もありません。まさに泥のように眠っていました。

たったの40分間、カプセルに入るだけでこんなにも身体の違いを実感できたことにビックリしました!(酸素カプセル、おすすめです。)

目の前のことに対してがむしゃらに働くのも良いのですが、ぜひ皆さんには酸素カプセルのような、その後の仕事の効率やパフォーマンスが良くなることを実践していただきたいと思います。

 

世の中の情勢をみると、今年1月、アメリカでトランプ大統領が就任します。その政策によって対ドル為替レートが変動し、為替レートによって日本の株価が動きます。また、国内景気はアベノミクスによって左右され、企業が“賃上げ”するかどうかの判断材料になります。

景気が上向くのか下向くのか全くわからない状況の中、どちらに転んでも必要な売上を確保し、利益も残せるような工務店づくりを私たちはお手伝いしてまいります。

2017年も引き続きナックをよろしくお願いいたします。

 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です