成長工務店の作り方セミナー vol.2


前回に引き続き、成長工務店の作り方セミナーの一部をご紹介します。

わずか1年8ヶ月で12棟の新築を受注した工務店社長は、肩書きとしての社長から経営者としての社長になりました。

1年間のアクションプランと事業計画を立ててそれを社員全員に浸透させていくと、社員が計画を達成させるための意見を出してくれるようになりました。

事業計画も単なる目標数値ではなく、地域の着工棟数や競合を調べて「この目標ならいけるだろう」という根拠のあるものです。そのための行動計画も具体的です。

チラシ、ホームページ、商品カタログ、営業ツール、事業計画・・・すべての事を『誰に教わるか』が大事だとお話されていました。

 

でも、最も大事なことは、『社長の考え方』とも言っていました。

「社長の強い意志がなければどんなに優秀な社員がいたとしても会社は成長しない」

と講演する社長からは、行動力、吸収力、探究心、教わる姿勢、向上心が伝わってきました。

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です