注文住宅を買う人の頭の中は・・・


こんにちは、田中です。

今回は注文住宅購入者の考えていることを分析するような情報をお伝えしたいと思います。

 

国土交通省の住宅市場動向調査によると、注文住宅を購入する世帯の年齢の割合は20代、30代が過半数の51.2%を占めています。

特に「ゆとり世代」と呼ばれる1987年~2004年生まれ(20歳代)はモノに対する価値観がその他の世代と異なっています。

具体的に言うと、新築購入には消極的な人が多く、

  • モノを所有したい欲が強くない(カーシェア、シェアハウスで充分)
  • だから、賃貸や中古でもいい。
  • 購入することで失敗したくない。

という気持ちがあります。

そんなゆとり世代に住宅購入を促していくには、『賃貸よりも新築を買うほうが得をする』と知ってもらうことです。

 

実際、この年齢層を獲得するべく、ローコスト系大手ハウスメーカーはWebサイトの目立つところに20代の住宅購入検討者のためのサイトを設置して、

「俺たちでも注文住宅は買えるんだ」

と気付いてもらう戦略を展開しています。

 

「持ち家を所有したくない」というよりも「賃貸住宅やシェアハウスでも充分」と思っていて、コスパを重視して損をしたくない気持ちがあるので、ゆとり世代を攻略するためには、注文住宅を購入すると品質が良くて価格も得だ!という感情に訴えかけるのが得策ではないでしょうか。

 

また、ゆとり世代はメルカリのようなフリマアプリを利用している割合が高く、「ある程度使ったら売る」スタイルに馴染んでいるので注文住宅をおススメする際にも将来的に手放すことを前提に、資産価値が落ちない、性能の高い家を提案することも必要になるかもしれません。

あなたのターゲットに合わせた販売戦略の参考になれば幸いです。

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です