本年もご愛読ありがとうございました。

こんにちは、田中です。

今回が2018年最後の内容ということで、
年末年始なので何について書こうかと
悩みました(笑)

きっと皆さんにとっては、
普段かなりいそがしくて、
やりたくても出来ないことに取り掛かったり、
仕事のことを少し忘れてリフレッシュしたり、
いろんな年末年始の使い方があるのかなと思います。

でも、僕にとって年末年始のような大きな休みのときは、

今年やってきたことを振り返り、
来年やるべきことを設定し、
自分のビジネスマンとしての設計と照らし合わせて
進み具合を確認する。
という時間に充てています。

普段は目の前の仕事に追われることもあって
細かい部分しか見えていないことが多いですからね。

なので、年末年始のような時に
大きく全体を捉える視点で見ることを意識しています。

そこで、今年ラストの内容は、
「視点」と「達成」についてお話しすることにしました!

 

まずは「視点」について。

普段は細かい部分を見ている人が
多いのではないかな、と感じています。
先ほども言ったように、僕もそうです。

皆さんにとっては、
「実際にこのお客さんには、こんな話をしよう」
「こんな言い方をしてみよう」
「あの取り引き業者に連絡をしておこう」
という感じでしょうか。

もし、こういう事もきちんと考えなければ
仕事が回らなくなるので大切なことなんですが、

「住宅業界のトレンドを調べる」
「お客さんの傾向をみる」
「これからの戦略を考える」

という事もやっておかなければいけない事項です。

 

そして、
「自分は良いと思って提案していることが、
 お客さんにとってマイナスに働いていないか?」

「業界の当たり前と思っているものが、
 実は社会全体では常識はずれと捉えられないか?」

という事も考えておく必要があるのではないかと思います。

普段は細かい部分を見ていても
たまには大きく全体を捉えるように
視点を変えて見直してみる。

というのを意識してみてはいかがでしょうか?

 

次に、「達成」について。

以前にもお話ししたことがあると思うのですが、
あなたが立てた目標を達成するポイント
についてお伝えします。

「目標」とひと口に言っても、
売上目標、利益目標、行動目標、など様々あります。

でも、目標を立てただけで達成することは
あり得ません。皆無です。

ですので、行動計画が大切なのですが・・・

よく、立てた目標に向かって進んでいる途中で
次から次へと問題・課題が降りかかってきて、

それを解決していくうちに、気付けば
立てた計画の期限が迫っている。。。
ということは、よくある事ですよね?

問題・課題というものは
次から次へと襲ってくるものです。
世の中、そういうものです。

そこで、おすすめしたいのは、
楽観的な考え方が入っていない行動計画です。

 

例えば、新築15件の契約が目標だとしましょう。

そのために行動計画では見学会、相談会を交互に
毎月することになっていて、
地域の人に告知するためのチラシをまく。

でも、もし、それが計画通りに集まらなかったら?
15件の契約はできません。

一方、目標達成ができる行動計画は・・・

かなり悪い結果を想定して、
それを踏まえた上での行動も計画されています。

 

たとえば、
・チラシは2回出す
・周りの人にも声をかける
・紹介をお願いする

などなど、すべてがうまくいったら
最終的な契約は20件以上にもなるだろう、というくらいの
行動を計画します。

ひとつの方法がうまくいかなくても、
想定を大きく下回ってしまったとしても、
別の打ち手がある、という状態になっています。

 

そして、不思議なことに
最悪のケースを想定した行動計画ほど、
最高の結果が出たりします。

目標と計画の設計図を作成し、
あとはその通りに実行するだけ。
残りの動きは、すべて設計図に従って進んでいく。

そんな状態をつくりあげるのが
立てた目標を「達成」できる計画づくりです。

年末年始を活用して、今回お伝えした
「視点」と「達成」について
考えてみてください。

 

 

当社の年末年始は
12/29(土)~1/3(木)までお休みをいただき、
1/4(金)より通常営業となります。

本年もこのブログをご愛読いただき、
ありがとうございました。

皆様にとって来年も素晴らしい年でありますように、
心よりお祈り申し上げます。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック