同じ言葉でも印象がガラッと変わる文章術

皆さんは、自分が書いた文章を
読み返して見たときに、

「なんか読みにくいな」
「文章が詰まって見えるな」

と感じたことはありますか?

文章が読みにくい=読まれない

となってしまいますので、
読みやすさについては常にチェックを
していく必要があります。

そこで今回は、
同じ文章でも印象をガラッと変える文章術
についてお伝えしたいと思います。

・体

・身体

・カラダ

・からだ

すべて同じ『からだ』という言葉ですが、
カタカナにしたり、ひらがなにすると
また印象が変わりますよね。

ただし、漢字を、カタカナやひらがなにすることが
良いということを言っているわけではありません。

大切なのは、
伝えたい相手に合わせて使い分けること
です。

下記の3つの商品から
どんなものをイメージしますか?

1.お洒落な鞄

.オシャレなカバン

3.おしゃれなかばん

僕の勝手なイメージですが・・・

お洒落な鞄 → 年齢高めの紳士

オシャレなカバン → 若者向け(20代女性)

おしゃれなかばん → 子供向け(小学生)

こんな感じでしょうか。
きっと同じように感じた方もいるのでは??

その他にも、伝えたい内容によって
漢字とひらがなを使い分けることも効果的です。

例えば、「時」と「とき」。

・時は金なり

→固有名詞で使うときは「時」が伝わりやすい

・テレビを見るときは部屋を明るくしましょう

→抽象的な事柄として伝える場合には「とき」が伝わりやすい

相手に何かを伝えるときには、
分かりやすく要点を絞って
読みやすい文章を書くことが大切です。

漢字、カタカナ、ひらがな、によって
印象が大きく変わりますので
文章を書く際には意識をして
使い分けてみてくださいね。

ちょっと判断が難しければ、
まずは漢字をひらがなに変換してみて、
読みやすさが変わるかどうかを見てみるのもいいですね。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です