本質を見抜く目

明けましておめでとうございます。

数の子とおみくじが大好きな田中です。
今年もよろしくお願いいたします。

僕にとって今回が2019年最初のブログですが・・・

新年が明けて10日。
すでに仕事モード全開になっています!

というのも、年明けからすでに
何本書いたか分からない程の
ライティングをしているからです。

年始から締め切りがバタバタと続くことが分かっていたので
正月休みの間に構想を考えておいたり、
少し調べものをしたり・・・

あわただしい2019年のスタートを迎えています!

 

さて、今回は、多くの方が年末にやったであろう
大掃除に関することをお伝えしようと思います。

ナックでも同じく、最終出勤日に会社の大掃除をしました。

自分のデスク周りやロッカーを整理していると、
いろんな書類が出てくる、出てくる。。。

それは、もう、とんでもない量でした(笑)

デジタルの時代とはいえ、
こんなに紙を印刷していたんだなと驚くほどでした。

 

僕は比較的、断捨離が得意なほうなので
6ヶ月くらい使っていないもの、
6ヶ月くらい見ていない書類は
バサバサと捨てる、マイルールがあります。

基本的に捨ててしまっても何かで代替できる
ことがほとんどですし、

「どうしても無いと困るものはまた買えばいいや」
という性格なんです。

 

でも、断捨離が苦手だという方もいらっしゃいますよね。

「それ、取っておいてどうするん?」

と思ってしまうものを
捨てられず大事に取っている人もいます。

でも、僕にとってはまったく必要ないと感じるものが、
ある人にとっては無いと困るものだった、
という事もあります。

僕自身も、使いたいときに
「あ~~。あれ、この前捨ててしまった・・・」

となった経験あります。

こういう失敗をしながら、少しずつ
断捨離がうまく出来るようになっていきました。

 

掃除だけではありません。

本やセミナーも、一見必要ない
と思っても、ある時期になると
これ以上ないほど参考になる内容だったりします。

私たちの会員工務店さんも、

ある会社にとっては
まったく必要ないと思っていたものが、

勝ち組工務店にとっては
喉から手が出るほど欲しい情報だったりします。

もちろん逆も然り、です。

 

ですので、すべてを断捨離してしまうのではなく、
要らないと思うものの中に
実はめちゃくちゃ役立つものがあったり、

要らないと思うセミナーの中に
実は爆発的に成長するための情報があったりします。

それを見分けられる、
本質を見抜く目を培うことができれば、
本物の会社になれると思うのです。

 

多くの失敗をしながら、
人生を変えるほどの、本当に大切なものを発見していく。

2019年はそういう年にしていきましょう!

今年もよろしくお願いいたします。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック