「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」

さっそく新元号の「令和」に
込められた意味をタイトルにしてみました。

今まさに様々な業界、分野で
新元号特需が発生しています!

こんにちは!嶋津です!

ネット上では発表されたその日のうちに
意味を深読みして裏の意図が
あるのではないか、
という記事が書かれていたり。

テレビでは名前に令和という
漢字を持つ人を全国駆け回って
取材していたり。

駅前では号外の取り合いでパニックが起きたり。

まんじゅうやおちょこなど、様々な
新元号グッズが製造されては、
すぐに売り切れたり。

社名を「令和」に変えてしまった
会社もあるそうです。

 

とにかく令和と付くものであれば
なんでも良いと言わんばかりの
需要が起きています。

こういった何かが切り替わるタイミングは
大きく流れが変わりやすいもので、
新年度の始まりとも相まって

新しく目標を立てたり、
年度末の疲れを癒しながら
新たな取り組みに従事されている方など、
様々いらっしゃると思います。

まさに新しい物事に取り組むには
最適なタイミングと言えますね!

 

建築業界においても消費増税や2020年など
目の前に大きな転換点が迫ってきており、
どのように経営の舵を切っていくか、
といった話題は必ず出てきます。

これからの建築業界において
どんな手段で、どんなタイミングで
どんな事をやるのか。

2020年が目と鼻の先にある今。
新しい風を会社に吹かせてみませんか!?

業界の荒波の中でも
「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」
という会社になれるように
最初の第一歩を踏み出してみませんか!?

 

追伸

もし
まだほんの少しでも迷いや、
もっとよい方法があるかもしれない

といった気持ちを抱いている方には

ナックの無料セミナーに参加する事を
オススメします!

●無料セミナー一覧●
https://www.nac-consul.com/35seminar/

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック