ゴールをスマートに設定する

「目標を立てる」

「ゴールを明確にする」

会社を経営していくうえで
当然ながら、必要なことです。

ただし、いざフタを開けてみると、

「目標を立てただけで、それっきりになっている」

「具体的に何をしていけばいいのかわからない」

という状態になっているケースは
少なくありません。

そこで今回は、
『成果につながるゴール設定の仕方』
についてお伝えしたいとおもいます。

 

そもそも、目標・ゴールとは
・あなたが達成したい結果
・ビジネスにおいてあなたが向上させたい点
ですよね。

この目標、ゴールを設定する際に
『SMARTの法則』というフレームワークをもとに
設定していくと良いといわれています。

 

S:Specific(具体的)

ゴールは、具体的であること。

先程あげたように、
ゴールはあなたが達成したい目標を
はっきり描いたものです。

逆に、具体的ではないゴールとは、
 最高を目指す
 一流の営業マンになる
 競合に勝つ
 クレームを減らす
 お客様の夢を実現させる
 地域で信頼される会社になる
などです。

これらの目標、ゴール自体が
悪いというわけではありません。

個人で思っているだけであれば、
それはそれでいいかもしれませんが、
ビジネスとしては、抽象的で曖昧です。

どういう状態になれば、最高と判断できるのか?

どういう状態になれば、一流と判断できるのか?

どういう状態になれば、競合に勝ったと判断できるのか?

と具体的にする必要があります。

 

M:Measurable(測定可能、数値化)

ゴールは、数値で測定可能であること。

ゴールは具体的であることにも直結するのですが、
できる限り数値で測定可能なゴールを
設定するといいですね。

「競合に勝つ」

→「勝ち6 対 負け5」
というように勝ち越した状態を維持する

「クレームを減らす」

→特定の期間内で○件以内におさえる

直接、数値で測れないゴールであれば
間接的に数値で測定できる必要な事柄を
決めておくといいですね。

 

A:Achievable(達成可能)

ゴールは、現実的で達成可能であること。

そもそも、現実的に達成が不可能なゴールを
設定してしまわないようにしましょう。

夢物語で終わってしまうと
モチベーションも保てません。

だからと言って、低すぎる目標も
あまり好ましくありません。

努力、挑戦をして手が届くかどうか、
ギリギリのラインにゴールを置くといいでしょう。

 

R:Relevant(成果重視、有意味)

ゴールは、達成したときに意味があるものであること。

個人的な目標であれば
どんなゴール設定をするのかは自由です。

ただし、ビジネスとして、企業として
ゴールを設定する場合には、

・売上を伸ばす
・利益を伸ばす
・コストを下げる

など会社の業績につながるかどうか
この点を忘れずにゴール設定をすることが大切です。

 

T:Timely(期限が明確)

ゴールは、期限が設けられていること。

いくら具体的で数値で計測できたとしても、
また、会社の業績につながるゴールだったとしても、
それを1年でやるのか、10年かけてやるのかでは、
大きな違いがあります。

また、ゴールを達成する時期を曖昧にしておくと、
結局手をつけずにズルズルと先延ばしになり、
何もしていない。という状態になりかねません。

期限をしっかりと明確に決めることが重要です。

 

「SMARTの法則」について
簡単にご紹介させていただきました。

会社としてのゴール設定。
部署ごとのゴール設定。
個人としてのゴール設定。
業者間でのゴール設定。

など様々な場面で
この「SMARTの法則」は
活用できるかと思います。

いま現在、あなたが立てている目標・ゴールを
このSMARTと照らし合わせて
チェックしてみてください。

ぜひ、お試しください。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です