「この時代に○○だけで生活している人がいる!?」

先日、芸能関係、珍しい商材の
ブローカー、各界の経営者など、
人脈の広い知人と話をしていた時に

今本当に、人と人の信頼、信用といったものの
価値が高くなってきている。

という話をしていました。

まだまだ値段や利便性が占める割合は大きいですが、
改めて思い返すと、SNSなどの口コミによって行う
マーケティングは発信する側の信用が一番の武器に
なっていたり、
Twitterなどにアルバイトがふざけて撮った
動画が投稿されれば、そのお店の信用は一気に
失くしてしまい客足が落ちたり、

4年ぐらい前にマクドナルドで異物混入が報じられた際は
工場見学の動画を配信したり、工場の安全性を伝えるために
多くの労力を使い、信頼回復に努めていたのを覚えています。

 

例を出せばキリがありませんが、
どんなに安くてよい商品を扱っていても、
対応が悪かったり、不祥事が立て続けに
起きていたりするだけで、そのお店では
購入する気になれず、

値段が高くても、対応がよく、
顧客満足度が高いお店で買おう

と思ってしまうのは明白です。

信頼を失ってしまうコトは
極論会社まで失ってしまいかねない
そんな重大なコトと捉えても
問題はないかと思います。

昔の様に薄利多売でとにかく
数をこなして売るだけで良い

という時代はとっくに終わり、
信用・信頼はビジネスの世界に
もう根付いています。

 

そんな話をしている時に知人が

「嶋津さん、実は私おもしろい方を
知っているんですよ」

と言われたので、聞いてみると

「その方は、物々交換だけで生活しているんです」

とのこと

物々交換と言えば魚と穀物を交換したり、
要らなくなった物と必要な物を交換したり

私には
発展途上国の人や、農家の方々が行っている
という安直なイメージしかありませんでした。

「え!?今の時代にそんなの出来る、
というかやる人がいるのですね!」

と驚いていると詳細を教えてくれました。

持っている物品を交換する以外にも、
自身の知識や能力を食品や日用品などと
交換して、それだけで生活をしているのだそうです。

驚く事に、住む場所までも
交換や、もらい物でまかなっているそうです。

「そんなことが可能なのか!?」

と驚くと共に、興味が湧いたのでもう少し
突っ込んで聞いてみることにしました。

 

「その方はなぜそんな生活を?」

知人が言う所では、

「新しいビジネスの流れやライフスタイルの検証をしている」
のだそうです。

「?」
私には発想が全くなかったので
それすら何を言っているのかわかりませんでした。

もっと詳細を聞いていくと

これから先の時代
こういった生き方をしていく人が
もっともっと増えていく
そのために先だって検証をしているのだそうです。

 

自分の能力を含めた
手持ちの物だけで、様々な人たちと
物々交換をして生活が出来る

しかも、住む所まで物々交換で
手に入れてしまっている。

すごく昔から根付いている物々交換なのに
なぜかすごく新しい風が吹いているのでは
という気持ちにさせられました。

これは単に良い物を持っていたとか
よい知識や情報を持っていたなどではなく
交換してくれる相手との信頼が無ければありえない
生活なのだと感じます。

 

現に本人もそう語っていたそうです。

これから、そういった
暮らしをする人が増えてきた場合、
信頼なくして生活が成り立たない程の
世界になってくるかもしれません。

これは建築業界においてもやはり同じで
特にこれから家を建てる世代の方々は、
ミレニアム世代と言われ、スマホを片手に
比較をする事がとても得意な世代です。

片手で簡単に他社との比較をされてしまう、
これに対抗するには値段を下げたり、機能性を
高めたりという手段がありますが。

そんな簡単に出来るものではありません。

そこで要になってくるのが、
前述していた信頼・信用です。

如何にしてお客様の信頼を勝ち取るかがを
考えなければいけない時代になっています。

そこでこれからはブログで
信頼・信用獲得のための手段などを
小出しにしていきたいと思いますので、
楽しみにしていてください!

 

今回は一番大事な第一印象について少し話します。

人は相手の印象を55%視覚からの情報で決めてしまうそうです。
しかも会って7秒の短い時間の視覚情報です。

コレをメラビアンの法則といって
人の印象の大半をしめる視覚からの情報を
その先2年も引きずってしまうそうです。

たった7秒の出来事で、そのお客様の
印象をよく保つためのきっかけができたら
すごいと思いませんか!?

接客する時には是非
身だしなみ、表情、仕草や気遣いなど
気をつけてみてください。

その後の打ち合わせや、信頼獲得が
グンとしやすくなるはずです。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です