あなたの常識ほどアテにならないものはない?

こんにちは、嶋津です。

いきなり否定的な言葉で失礼しました。


しかし、これぐらい強くお伝えしたい内容であったため
言わせていただきました。


それが何かと言うと

全ての方に当てはまるわけではありませんが・・・

固定概念(自身の常識)にこだわりすぎていると
時代の流れに取り残されて損をしてしまいやすく
なる可能性が高い という事です。

価値観や言葉、常識というものは
時代と共に変わっていきます。


前の記事で働き方改革についてお話した
人口オーナス期に変わることで
人口ボーナス期の働き方が非常識になるという
事実もあります。


しかし、自分自身がこれまで生きてきた中で
培ってきた常識というものは常に意識して
いなければ、中々くつがえすのは難しいですよね。

なぜ、急にこんな話をしたのかというと・・・

最近知り合いに

100万~150万円以上お金がかかる事を
質を下げずに、むしろ質を上げながら
お金をかけずに行える方法をお伝えしたのですが、

結局詳しい話も聞かないままその方は
100万円以上の出費をされていたのを見ました。


確かに、まだまだ世間一般ではこの方法は
常識にはなっておらず、知っている方も少ないです。
強いこだわりがあったのかもしれませんし、
詳細を聞いた後でも同じ道を行く可能性もあります。

しかし、これまでにこの詳細を聞いてもらえた方々には
100%「感動した!」と喜んで貰えて、
実際にお金をかけずに満足をしてもらえているので、
聞かないという選択肢は非常にもったいないと感じたからです。

新しいものが次々に生まれてくるこの
世の中で、何年も前に常識だったものが
非常識になるという事は多々ありますし、


さらに恐ろしいのは

人は、未知のものに対して、
強く恐怖心や、不安感を感じてしまう。
という習性を持っている所です。

このため、未知のものに対して
警戒心を抱いてしまうのは当然いえば当然の
反応なのですが、


特にここ数年激しく世の中の常識が変わってきているので
この波に乗らないのはチャンスをみすみす逃して
しまっている可能性があります。

携帯電話が非常識であった時代から
1人2台以上携帯電話を持っている率が高いぐらい
常識になっていたり、
知的労働が増えてきたため、会社に出社せずに
会社員として自宅で仕事をしている方も
増えてきています。


新しいものには、やはり本当に怪しいものもありますし、
全てを手放しで取り入れるという事も
オススメは出来ませんが、
何か新しい事を知った時には
初めから全てを警戒するのではなく、


まずは話だけでも聞いてみて、
判断をしていただきたいです。


初めの内は判断基準が無いため、
新しい事が正しいことなのかの判断が
難しいと思いますが、


似たような話を何度か聞いていけば、
その「新しい話の常識」が理解でき、
実際に取り入れる際のものさしに出来ます。

工務店経営においても、
新しい手法や工法、部材などなど
様々な企業が新しいものを次々に発表しています。


全てを確認しに行くのは難しいですが、
方針を決めて的を絞って気になるものを
進んで見に行けば中には
工務店経営を大きく変えるものが
あるかもしれません。

 

今までの常識をあえて別の視点から見て、
本当にそれは今も常識なのか?と
疑問を持つ事で新しい考え方にも
柔軟に対応できますし、

 

若い社員や、若いお客様の常識も
理解できるかもしれません。

 

そうすれば、より効率的に
経営ができそうですね!

 

 

当社の夏休みは8/10(土)~8/18(日)までとなっております。
8/19(月)より通常営業となります。

引き続きご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です