たった一つの習慣の変化で売上は上がる

 

 

お盆期間中は暑さだけでなく、

台風やゲリラ豪雨などの影響を心配していましたが、
どのように過ごされていましたか?


私は遠出はせずにずっと勉強や私用を
こなしていました。

今回はその最中に気がついた事をお伝えします。

お話するのはいつも仲良くしてもらっている
知人Rさんの話です。


Rさんはとても真面目で、まっすぐで
周りの方にも好かれ、面倒見も良くて、
仕事に真剣に取り組んでいたにもかかわらず
思ったような成果が出ずに悩まれていました。

そんなある日、メンターから
こんな事をいわれたそうです。


「常にメモする習慣をやめたらどうか」

新しい事はもちろんメモしてよいけど、
一度学んだ事を復習としてメモするのは
忘れる前提だからやめたほうがいい。
いつまでたっても身につかないよ

と・・・・


業績を上げるため、どんなに細かいことでも
メモに取って勉強していたRさんは
「忘れる前提の無駄なメモ」を辞め、

体で覚えて身につけられるように
日々の習慣を変えたそうです。


すると、そこから約2週間で
効果が現れ始め、お盆期間中に
私が聞いた時には勢いに乗り始めていました。


メモを取る事は決して悪い事ではありませんし、
メモしないと本当に忘れてしまうこともあります。


しかし、このRさんはどこかで
「教わった事をメモをした」という安心感により、
日々学び、気がついた事を実際の行動に落とし込めずに
いたのかもしれません。

この様に
自身では良かれと思って続けている習慣が

逆に成長を阻害してしまっている事があります。


そして、そのRさんにとって悪い影響を
もたらしてしまっていた「常にメモする」
というたった一つの習慣を変えただけで
成果が大きく変わり始めています。


今回の変えた習慣は「メモ」でしたが、


例えば工務店の経営に置き換えてみると、

・社員が分らない所はすぐに教えてしまうから覚えない。

・社長がなんでも手を出してしまうから育たない。


等々、日々の仕事でついついやってしまう習慣を
見直してみても良いかもしれません。

習慣一つ変えて売上が上がったら・・・・


そんなに良いことはないと思います。

どんな習慣がどんな結果に繋がっているか
それをすぐに見極めるのは難しいですが、

まずは「いつもの習慣」に少しだけ
疑問を持つ意識をしてみてください。

新しい気付きがあるかもしれません!

ちなみに私自身も

「忘れる前提の無駄なメモ」は

身にも覚えがあったので、実際の行動に
落とし込めるように努力していきます!

 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です