税率アップを糧にする


消費増税が目前となり、ここ最近は
amazonや楽天などのショッピングサイト、
アウトレットモールや家具、家電、車、
お仏壇に至るまで、インターネットで検索すると
本当に色々なセールやキャンペーンが開催されていますね!


こういった時期はどうしても
購買意欲が高まり、ワクワクしてしまっているので
余計なものまで買ってしまいそうになっている嶋津です。

消費税は全ての製品やサービスにかかるものなので
どこを見ても駆け込み需要を狙ったキャンペーンが
打ち出されているのは当たり前といえば当たり前かもしれません。


建築業界に目を向けると


リフォームを主に受注している工務店では
今まさに駆け込みの対応をしているかと思いますが、


新築を主に請け負っている工務店の方は
既に消費増税前の駆け込みの時期は過ぎている為、
世間で盛り上がっている駆け込みセールを
客観的に捉えている方も多いのではないでしょうか?


増税直前の今が一番消費増税についての情報の関心が
高まっている時期でもあります。


消費者のニーズ(市場)の流れに乗るのは
仕事をする上では鉄板の方法ですよね。


イメージしていただきたいのは

家を建てたいけど具体的にいつ買うかは決めていない

という様な消費者です。

あまり詳しく調べていない方も多く
いつまでが増税の期限だったのか、
どんな制度があるのかなど、知らない方も多いです。


そんな消費者こそ、消費増税の話題を見て

「家を建てる前に消費税上がっちゃったね・・・」

と話していることでしょう。

しかし、
そこがチャンスでもあります!


人は一度損してしまうと感じたものが
実はそうではなくなる方法がある

と聞いた時、その情報を前のめりで
聞き始めるからです。


すでにご存知の通り、
建築業界でも増税を見越した制度が
いくつか存在しています。

・すまい給付金
・エコポイント
・住宅ローン減税3年延長
などあります。

それだけでもある程度の関心を引くことは
できるとは思いますが、


更に!それにプラスして、

増税前後で消費者の関心が一番高まっている
今だからこそ、広告やチラシなど、
目に留める機会は多くなっており、

魅力的なセールを予定している所も多い様ですので、


工務店でも先述の制度の情報だけでなく、
消費者が思わず詳細を聞いてみたくなるような
キャンペーンを打ち出していくことで

今までよりも一層効果のあるキャンペーンが
できるかもしれません。

増税に関心が高まっている今だからこそ、
消費者にとってのマイナスイメージをプラスに好転させて
新たな顧客獲得を目指してみませんか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です