すごい人はみんなやってる!?失敗を成功にすりかえる方法

人であれば誰でも失敗はするもので、
私も過去のブログで失敗について書きました。


今日は、この失敗についてさらに深堀してみようと思います。

失敗の事を書いたブログでは、
失敗をしたからこそ見えてくる事や
改善につなげられた事をお伝えしました。


その後「失敗」について意識するようになり、

ビジネス書や成功されている経営者の方の話、
成功哲学などを聞いて周っているうちに、
失敗についてわかった事があったので
お話したいと思います。

 

タイトルであった通り、


世の中で成功されている方たちは

高確率で失敗を成功にすりかえている
という事がわかりました。

では
どうやって成功にすりかえているのか・・・

先に結論を言ってしまうと

失敗という物は悪い事ではなく、
成功する為に必要な要素と考えている


という事です。

成功している方々が口を揃えて言っているのが

「行動し続けること、やり続けること」でした。

※もちろん正しい方向に向けて行動する事が大前提です。

成功の反対は失敗ではなく「何もしない」というのが
基本的な考え方で、行動しつづける事こそ成功であり、

失敗というものは行動している証拠という考えなんですね。


日本にも昔から
失敗は成功の基という言葉があったり、


あの有名な白熱電球を実用化したトーマス・エジソンも

私は失敗したことがない。
ただ1万通りの、うまく行かない方法を
見つけただけだ。


と言っています

このマイナスをプラスに変換する思考こそ
物事をうまく進めるための極意です。


一個人の私の言葉ではなく、多くの成功している方々の言葉に
共通している事なので、これは間違いないです!

常に超プラス思考でいるのは大変ですが、
失敗した時、不平不満やクレームを聞いた時、

一度深呼吸して、


どうすればこれから先の経営にプラスに活かせるか?

と考えてみるクセをつけてみてください!

失敗の見え方が変わって、チャンスが見えてきます。