日本で2番目に高い山といえば・・・

 

いきなりですが、質問です。

日本で一番高い山と言えば
「富士山」ですが、

2番目に高い山は、何でしょうか??


・・・


・・・


おそらくですが、

相当の山好きか
雑学に長けている人
地元の人じゃないと、
即答は難しいんじゃないかと思います。。。


正解は・・・


山梨県にある「北岳」(3,193メートル)です。

富士山に次ぐ2番目に高い山です。

十分、立派な山なのですが、
富士山に比べると記憶に残りにくい。。。


「1番高い山」と「2番目に高い山」では
順位はたった1つの違いですが

知られているか知られていないかで言うと
計り知れない差が出てしまいます。

それだけ人というのは
「1番」とか
「1位」とか
「No.1」をうたうものに
価値を感じたり、印象に残りやすい
というわけです。

「1番」というだけで
「良いものだ」「すごいものだ」と
勝手に安心したり信用するんですね。


というわけで、
今回のメルマガでお伝えしたいことは

「1位」や「1番」と言えるものは
どんどん打ち出していきましょう!
という事です。


・・・


えっ?1番と言えるようなものが無い?

大丈夫です。安心してください。


実際に「1番」だと“外部”から
評価を受けたものがあればもちろんいいのですが、

もし無ければ、

“1番をつくる”または“自分で1番だと思うもの”を
「1番」と打ち出してしまえばいいんです。


ある会社は、
「○○市○○町○○で1位の住宅会社」
とうたったり

また、ある会社は、
「参加ランキング 第1位の相談会」
とうたって、ゼロから始めるマイホーム相談会を
開催したりしています。

この「1位」のキーワードがあるだけで
価値が自然と高まります。


範囲や焦点を絞れば絞るほど
1位になることができます。

また、外部からの評価として
勝手に「1位」とは言えませんが、

内部からの評価であれば
好きなだけ「1位」と言えます。


・人の記憶、印象に残りやすい
・インパクトもある
・安心、信用につながる

となれば、使わない手はありませんよね。

ぜひ「1番」と言えるものを創り出して
打ち出してみてくださいね。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です