家のデザインで差別化はできない

住宅業界だけではなく、どの業界においても
『自社だけの強み』を持つことは非常に重要です
・・・なんて事はご存知の方も多いのではないでしょうか。

その『自社だけの強み』を広告やホームページに
打ち出すことで家づくりを検討するお客様の興味をひく。。。

でも、肝心の『自社だけの強み』を
強固なものにして揺るぎないものに磨き上げるのに
苦労している方も多いかもしれません。


よく家のデザインを強みにしましょう!
カッコいい家で差別化をしましょう!
と言うコンサル会社もありますが、

僕は家のデザインで差別化はできないと考えています。

こんにちは、田中です。


たしかに広告やホームページで重要なものは写真です。
家を売っているから建物の写真を載せる、
その建物はカッコいいものにする。
これは非常に重要です。

むしろカッコよくない建物の写真は
載せないほうがいい・・・です。
特に、お客様がインスタ等で
画像を検索しまくっている今の時代においては。

でも、それでは差別化はできません。

その理由は、
カッコいいデザインはすぐに真似されるから。

だからデザイン性を売りにしたパッケージ商品が
世の中にゴマンと出回っています。


さらに、会社によって、お施主様によって、
建物の外観が違ってきますよね。

例えば同じパース、同じ図面を持って
打ち合わせをしたとしても、
Aさんの家とBさんの家は結果的に
同じ図面にはならないですし、外観のサイズも違います。

すべてを意匠性に優れた建築家に
設計を頼むのであれば
全棟カッコいいデザインに仕上がりますが、
それではそこそこの設計料が必要になってしまいます。

だからと言って、逃げの手段として
時には意匠性に優れた建築家に依頼する。
時には自社の設計士がやる。
これでは「家のデザインが差別化されている」とは言えません。

企画住宅でそっくりそのまま建てる訳にはいきませんからね・・・


それなのに、家のデザインや
チラシに載せる建物の写真をカッコよくして
差別化をしよう! というのは、
あまりに浅い・・・と感じてしまいます。


デザインや建物ではなく、
もっと大事な核となる、真似されないもので
差別化をしてみませんか?

ぜひ、年末年始を利用して
じっくりと考えてみてください。

追伸

もし、そのヒントが欲しいのであれば
こちら↓はおすすめです。


セミナー案内
https://www.nac-consul.com/35seminar/

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です