仕事のゴールデンタイム

期末が迫り、数字とにらめっこしながら
エクセルで集計をする機会が多くなっています。

急ぎで資料を提出しないといけないケースもあるので、
午前中に資料をつくることも
最近は多くなってきました。

こんにちは、田中です。

 

僕は普段、「午前中は頭を使う仕事をする」
ことを自分の中で決めており、
それがルーティーンになっていたのですが、

どうしても午前中に、
大して頭を使わなくても済む資料作成を
することも多くなりました。

そして先日、久々に午前中に
アイデアを出しながらアウトプットをしました。

 

そこで気付いたことは・・・

午前中に頭を使う仕事をすると
生産性がめちゃくちゃ高い!ということ。

夕方にやれば2時間たっても終わらない仕事が、
午前中にやれば1時間足らずで完了するんです。
きっと朝は頭がフレッシュなので、
アイデアも出やすくなるのだと思います。

 

一方、午前中に資料を作った日は
午後からアウトプットをするのですが、
15時くらいになるとすでに疲れてしまって
なかなかはかどりません。。。

頭を使うことは、肉体労働の5倍疲れるので
疲れている時間帯に疲れる仕事をやる、
負のスパイラルに陥ってしまいます。
(皆さんも学生の頃、テストの日は疲れましたよね?)

 

時間帯によって仕事の種類を変えるだけで、
2時間かかっても終わらない仕事が
1時間もかからずに終わるようになる。

かなり効率的な時間の使い方ができます。

 

皆さんも、重要で頭を使う仕事は
午前中に終わらせる、を意識すれば
効率的で早く仕事が終わるようになりますので
ぜひやってみてくださいね。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です