10人に1人が失敗する株式投資があったら・・・

イメージしてみてください。

あなたは、今から投資をしようとしています。
そこで、投資会社を2社に絞り込みました。

A社の営業担当は
「投資した人のうち、90%の確率で成功します」

B社の営業担当は
「投資した10人のうち、1人は失敗します」

 

さて・・・

この2社のうち、
どちらの会社に投資を依頼したいと思いますか?

 

いかがでしょうか?

見て分かるとおり、
2社とも数字的にはどちらも同じ確率です。

しかし、この2通りの伝え方を見た多くの方が、
B社の方が失敗しそうだと感じる傾向にあります。

これは、ある心理効果が働くことで
無意識に脳に影響をおよぼしているからです。

 

そこで今回は、
『効果的な数値の伝え方』
についてお伝えしたいと思います。

 

・パーセンテージで伝える
・絶対数で伝える
いま、この2つの伝え方をA社とB社で見ました。

実は、パーセンテージで伝えると、
「実在しない可能性の話」
と脳が捉える傾向にあり、

絶対数で伝えると、
「実在する人(もの)を想像する」
という傾向にあると言われています。

どちらも無意識に脳に働きかけるため、
気付いたらそう感じているという、
人の生理的な現象ともいえます。

 

ここで、例をもうひとつ。

「2%の確率で不運に見舞われる」
と聞くと低く感じられやすいですが、

「100人中、2人が不運に見舞われる」
と聞くと実際に2人何があったのかと想像して
脳に強い印象が残ります。

 

要は、印象に強く残したい場合は「絶対数」で、
あまり印象に残したくない場合は「パーセンテージ」で
使い分けると効果的です。

ちなみに、冒頭の投資の例でいうと、
選びたくない会社を印象付けるために
絶対数で伝えることで、
消去法でA社が選ばれやすくなります。

 

では、あなたの身の回りにある数値を
もう一度見返してみましょう。

特に、お客様に対して伝えているような数値は
要チェックですね。

 

例えば、住宅ローン。

変動金利がよく選ばれていることを
印象づけたいのであれば、

「住宅ローン利用者のうち、52.5%が変動を選んでいる」
よりも、
「住宅ローン利用者の、2人に1人以上が変動を選んでいる」
という伝え方のほうが効果的です。

※変動のほうが良いということを伝えたいわけではなく、
あくまで伝え方の例です。

 

また、住宅ローンが理由で破産している人が
毎年、約1万人(約1%)いると言われていると仮定して、
資金計画の重要性を強く伝える際に、

「約1%の人が、住宅ローンが払えなくなり破産している」
よりも、
「約1万人の人が、住宅ローンを払えなくなり破産している」

と伝えたほうが
自分にも降りかかってくるリスクとして
危機感を感じてもらいやすくなります。

 

以上、住宅ローンに限らず、
自社商品やサービスの長所をお客様に伝える際にも
絶対数を使って伝えたほうが効果が高いです。

 

ちなみに、パーセンテージを使う場合は、
あまり数値を見せたくない、印象づけたくないけど
伝えたい、言わざるを得ない、
ネガティブな場面では効果的です。

パーセンテージを使わない方がいい、という事を
言っているわけではありませんのであしからず・・・。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です