過去の成功体験が邪魔をする

緊急事態宣言によって、これまでの
働き方が劇的に変わった方も
きっと多いのではないでしょうか?

今後、終息した後、
新築やリフォームの受注活動は
コロナ前に元通り!
とはならない、と僕は考えています。

 

こんにちは、田中です。

どうして元通りにならないかと言うと、
ウイルスが終息したとしても
お客様は対面への警戒心や恐怖心が残っていて
今まで通りの見学会をやっても来場者がない、
アポを取りたくてもWEB商談にしてほしいと言われる、
という事態が簡単に想像できますよね。

 

もう、今の状況はずっと続く、
受注のやり方が変わる時代(変革期)になった
と思って対応しかありません。

つまり、働き方だけでなく
事業そのものを再設計する必要がある
と考えています。

このまま瀕死状態にならないために
いま、変革する時期だと思います。

そして、ゼロから見直す時期にきている
のではないでしょうか。

 

でも、、、
どうしても変われない人もいます。
それは、過去の成功体験を大切にしすぎる人です。

「今まではこれで上手くいったんだ!」
と頑固になって、変われないのです。

でも、社員は過去の栄光なんて気にしません。
過去の栄光にすがりつく経営者を社員が見たとき、
意外と冷静に冷ややかな目で見ています。
今こそ、リーダーである経営者が変わるべき局面です。

 

実は、いろんな工務店を見渡してみると、
10年前からテレワークをしている2名の工務店もあります。

お客様との対面での打合せを極力減らして、
効率的に新築受注をとる方法があります。

便利なアプリが流通する前に、
社員が現場に行かなくても済む現場監理方法があります。

 

そのような情報を、
もうすぐセミナー形式ではなく、
別の手段でお伝えできると思いますので、
もうしばらくお待ちくださいね!

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です