大事な物を売り買いするお客様にとって大事なこと

 

20年近く乗っていたバイクを売り、
新しいバイクを購入した嶋津です。


注文住宅を建て、その家を売却した経験。

そして20年乗ったバイクを手放してみて、
改めて気が付いた事がありましたので
お伝えしたいと思います。

 

バイクを手放す際、
やはり愛着があるので、

できるだけ良い会社にできるだけ
高く買い取って欲しい。

という気持ちで、
バイクの査定依頼を一挙にできるサイトから
4社に査定の依頼をしました。


2社はだれでも聞いた事があるであろう大手
残りの2社は規模の小さい、聞いたこともない会社でした。


すべての業者の査定を同じ日にお願いし、
順番に見てもらい、査定結果は下記のようになりました。

大手A社は 16万+付帯サービス
大手B社は 12万+付帯サービス
知らない会社A 10万?
知らない会社B 11万


バイクの買い取りは
業者が変わるからといって、バイクを廃車にされたり
とてもつもない改造をされたりなどの違いがないため、、
さすがに抜き出た買い取り価格を提示してくれた
大手A社に決めてしまいましたが、


私は個人的に
知らない会社Bに売ってもよかったな
もしくは、次回売る時はここでもいいかもしれないと感じました。

 

その理由としては担当の方がとても
素敵な方だったからです。


私のバイクへの想いをちゃんと聞いてくれて、
会社へ何度も連絡を取って高く引き取れないか
粘り強く交渉してくれたり、
話をしている中で何度も私に共感してくれました。


査定が終わるころには仲良くなって

この人とバイクについて語りながら
飲みに行きたいな

とまで思えるぐらいでした。


他社より買い取り価格が若干安くても
あの担当者の方ならしっかり整備して
次のオーナーに良い状態で渡してくれるかもしれない。

そこまでイメージすることができました。


バイクを売るのではなくて、
カスタムをお願いする業者だとしたら
間違いなく知らない会社Bにお願いしていたと思います。

 

話を家に変えまして、

人生において家の購入は
とても重大で、不安であると同時に
自分の家を持つことにわくわくする
一大イベントです。


バイクとは違い、
家を建てる際の会社選びは
構造やデザインなど多くのものが変わる
とても重要な要素ですね。


そんなときに
この人に私の家を任せたい!

と、思うことができたら、
金額が他社より高くても契約をしてしまうと思います。
(私が実際に家を建てた時もそうでした)


工務店にとっては仕事で何度も家を建てたり
リフォームを行っているかと思いますが。


お客様にとっては家を建てる機会は
そうそうあるものでもありません。

 

「お客様に共感し、寄り添える会社」

とても当たり前な事のようですが、
常に仕事をしていると、
少しずつ薄れていってしまいがちな部分だと思います。


今一度、

「直近で対応したお客様にはどうだったかな」


「次のお客様には会社を設立した時の気持ちで
対応してみよう」


そんな気持ちで仕事に取り組んでみてはどうでしょうか?

 


追伸
ちなみに、バイク査定の際の
知らない会社A は絶対に売りたくない!
と思える会社でした。

ここが悪くなってる、ここがあんまりですね、
と、私のバイクの悪い部分しか指摘せず、
バイクの扱いも雑で、最後には値段をはっきりと伝えず、

可能な限り安い金額で買いたたこうとしてきたので
すぐに断りました。


お客様の立場に立って対応できることが
どんなに重要な事なのか改めて理解できた
貴重な体験でした。

 

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です