私が注文住宅を建てた経験から、工務店を選ぶ理由を探す


初めまして、嶋津と申します。

これからは私もブログの記事を書く事になりましたので、

よろしくお願いします!

 

それでは早速本題に入ります。

 

私は約7年前に地場工務店さんで注文住宅を

建てたことがあります。

 

今でこそ建築について様々な知識が増えていますが、

7年前の私は建築についての知識は一切なく、

何が安いのか高いのか、何が良いのか、どこを信用するべきなのか

全ての事がわからない建築ド素人でした。

 

そんな私が家を建てたいと思った時、

理想的な生活のイメージしかありませんでした。

庭で花を育てて、屋根裏で映画を観て、とかですね!

 

具体的にどうすれば良いかなど一切分からず、

はじめはその地域で家を建てられるハウスメーカーや工務店に

資料請求を、ホームページ、紹介などで色々な工務店を確認して、

 

さらにその中から価格帯や家のデザインなどを絞り込み、

直接足を運び、話をひたすらに聞いて周っていました。

 

良い家を建てたい、失敗したくない、一生に一度

と考えていると、どこに依頼をするのが最良なのか、が

分からなくなってしまいました。

 

最終的な決め手は

「初動の速さ」でした。

 

決めた工務店に初めて向かい、帰る頃には大まかな値段と間取り図を持っていました。

しかも、私がイメージしていた理想の暮らしをする為に近いものが。

 

失敗したくないという想いで、その後も他の工務店もチェックしていましたが、

やはりどこよりも正確に値段や間取りが分かっていたのが大きかったです。

 

ハウスメーカーや工務店、それぞれの会社にそれぞれの強みがありますが、

値段がはっきりしなかったり、間取りが作成されるまで時間がかかっていたり

そういった根本的な所で受注のチャンスを逃している事が多いと思われるので、

 

初めてのお客様に対してどれだけの事を最初の打ち合わせで出来るかが

大事だと思います。

 

既に取り組まれている会社様は更なる改善を、

まだの会社様は取り組むだけで

受注率は変わってくるかと思います!

 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック