半年で10棟の新築受注

急激に成果が出る会社と出ない会社の
違いは一体なんなのか、
考えたことはあるでしょうか?

私たちナックは年間で数千社の工務店と接する中で
伸びる会社と伸びない会社の違いについて
常に考えています。

詳しいヒアリングをして商談する工務店は
年間で千数百社。

実に多くの経営者から話を聞いていくと
伸びる会社は必ず『あること』をしています。

これは、急激に成果が出る会社が例外なく
やっている共通点です。

今回は、同様に『あること』をやって
新築事業をスタートして約2年にもかかわらず
半年で10棟の新築を受注している会社をご紹介します。

 

タイル職人として建築に携わっていましたが、
ユニットバスやシステムキッチンが普及したことで
タイル貼りの仕事が激減していきました。

その後、徐々にリフォーム工事を請け負うようになり、
水まわりリフォームもやっているうちに
いつかは新築をやりたいと思っていたそうです。

しかし、従業員の教育に悩みをかかえて、
どうやって教えたらいいのかが分かりませんでした。

自分でやれば100%こなせるのに、
社員がやると70~80%の完成度になってしまう。
そこが一番の悩みだったそうです。

私たちナックの推奨する経営の型は
「誰でも出来る」一連の流れが詰まっており、
成功事例を体系的にしたものを提供しているので、
人を育てるために私たちとのお付き合いが始まりました。

では、どうしてこの会社が短期間で飛躍的に
業績アップができたのか?
というと・・・

成功の秘訣は、期限と目標を決めたことです。

いつまでに何をやるか。を
自分で期限を決めて、社内の仕組みを作り上げていきました。

 

そして、成功事例をまずはアレンジを加えず
そのままやってみる素直さ
も成功の秘訣です。

当時の不安要素は、
このやり方で成功できるかどうか、ではなく、
自分がアレンジして使いきれるか、でもありません。

すでに成功している事例なので、
自分がやり切れるかどうか。が
不安だったそうです。

素直に成功事例をそのままやって、
いつまでに何をやるかを自分で決めて突き進んだ結果、

自然に成果がでて
現在は半年で10棟の新築受注をしています。

 

まとめると、成功事例に則って素直に、
期限と目標を決めて突き進む。
これが、今回ご紹介した会社が業績アップした秘訣であり、

急激に成果が出る会社が例外なく
やっている共通点です。

ぜひ、参考にしてください。

 

追伸

冬季休業のご案内
12/29(土)~1/3(木)まで
冬季休業期間とさせていただきます。

期間中にお問い合せいただいた事項は
1/4(金)以降の対応となりますので
よろしくお願い致します。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック