注文住宅の本当の意味

 

注文住宅を建てて10年以内の家族に、
何らかの不満があるか?
調査した結果があります。

多かった答えは、

「収納不足」「コンセントの位置」
「会社の倒産」「日当たり」「高かった」

というものでした。

 

「会社の倒産」は別として、
その他4つの項目をみて
どう思いましたか?

 

注文住宅なので、お客様の注文どおりに
建てられた家。なのに・・・

・収納が足りない
・欲しいところにコンセントがない
・日当たりが良くない

という項目があります。

さらに、合意した上で契約したはずなのに
金額が高かった・・・?

う~ん・・・

という感じですね!

 

建てた側からの目線でみると
「奥さんがそうしたいと言ったから」など
グチを言いたくなる気持ちもあるかもしれません。

でも、現実にお客様の不満は・・・
上に書いたとおりの結果でした。

 

なぜなのか?

その理由は、「注文」が間違っていたから、
という事になります。

注文のとおりに建てる家が注文住宅なので、
お客様の不満が出るということは
「注文」が間違っていた、ということになりますよね。

 

住宅会社は住宅のプロフェッショナルでなければいけません。

プロは、素人であるお客様の言うとおりに注文を受け
そのまま建ててはいけないのです。

 

あくまでも、お客様の要望は「要望」。
そのまま建てることが
幸せな暮らしにつながるとは限りません。

「要望」は聞きつつ、プロ目線のアレンジを加えて
提案してみると不満が出ることは無くなるんじゃないかと思います。

お客様の気持ちを察して、
自分なりの考えをプラスして提案。

これが、本当にお客様が喜んでくれる注文住宅ですね!

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック