会社の生産性をあげるには


業務の効率化をはかることは経営者様の大切な仕事の1つです。

具体的に業務を効率化することとは、どういうことなのか? を考えてみると、今までの仕事のスピードを速めることで、

  • 働く時間を減らす
  • 業績をアップさせる
  • 人手不足を解消する

という効果を求めることを言いますよね。

 

では、『今までの仕事のスピードを速める』ために、何をすればいいのか?についてですが、これは本当に諸説あります。

細かいもので言えば、
・机の整理整頓をする
・パソコンのショートカットキーを覚える
・仕事のロスを小さくする
・優先順位をつける
・やることリストを書き出す

などなど、挙げればキリがありません。

 

でも、業務の効率化において最も大切なのは『コミュニケーション』だと僕は考えています。

 

例えば、働く時間を減らすために、今まで5回の商談で契約していたところを
4回で契約できるようになればいいですよね。
これを出来るようにするためには、お客様とのコミュニケーション力の向上が必要になります。

例えば、業績をアップさせるために、1件の契約金額を数%アップさせればいいですよね。
そのためには提案力を磨く必要があり、これもコミュニケーション力の向上です。
1件の粗利アップのためにも、ロス・無駄を削るには社内外のコミュニケーション力の向上が必要です。

例えば、人手不足を解消するために、より多くの現場監理が出来るようになればいいですよね。
そのためには、より協力業者とのコミュニケーションを密接にする必要があり、これもコミュニケーション力の向上につながります。

 

まとめると、業務の効率化をするためには、コミュニケーション力の向上を目的にすると上手くいくと思いますよ。

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック