プレミアムサービス基本研修 レポート


先日、3ヶ月に1度の『プレミアムサービス基本研修』が全国各地で開催されました。

プレミアムサービス(有料)を受けている工務店様だけが受講できる、この研修。

今回の講演者は、(社)手紙文化振興協会 代表理事のむらかみかずこ氏。テーマは『ハガキ・一筆箋を使ってお客様の心をつかむ』でした。

参加者からは、
「手間を楽しみに変えることができそう」
「明日から活用していきたい」
「受け取る側と出す側の心理が違うことが分かった」
「心に残る手紙が書けるようになると思う」
「書く内容よりも、出すことが大事なんですね」
などの声がありました。

 

デジタル化が進み、お客様とのコミュニケーションはールやLINEでする時代。だからこそ、手書きでハガキや一筆箋に“気持ちをしたためる”ことで売り込みゼロでお客様の心をつかむことが出来る! とお話されていました。

ポイントは、

  • メッセージは3行以内(長い文は×)
  • 文字は青で書く
  • 大きく、太く書く
  • 絵ハガキがベター
  • シンプルに書く

ことだそうです。

内容を相手に伝えるのではなく、気持ちを伝えるために書くと相手の心に届くそうです。

ぜひ、実践してみてください。

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック