経営

「うちみたいな小規模の工務店にはなかなか良い人材が来ないよね」という相談を受けることがあります。

そもそも採用活動をしているのか確認すると、

社長「していない」
ナック「・・・」
社長「だって他の工務店も採用活動はしてないでしょう?」
ナック「う~ん・・・そうですね。。。他の工務店さんは良い人材が来るって言ってました?」
と聞くと、社長様は黙ってしまいました。

 

厳しいようですが、良い人材が来ない理由は、小規模だからではなく、良い人材が来るような活動をしていないからです。自分がやっている行動が、そのまま結果に跳ね返ってきます。

「単価の低い仕事しか来ない」と言っている人も、実は小さい仕事しか来ないような宣伝しかしていないケースが非常に多いです。

ローコスト住宅の会社には、お金持ちのお客様は来ないのです。

同じように、あなたが人材を募集しているメッセージが届いていないなら、もしくは良い人材が来るメッセージになっていないなら、良い人材は集まりません。

 

そして、メッセージの他にも、ホームページや求人誌に掲載する写真・動画なども重要です。

理想的な良い人材が働きたいと思えないホームページの工務店には、優れた人材は残念ですが来ません・・・。比較された結果、見栄えの良い住宅会社に獲られてしまいます。

思い通りに人財確保できている工務店は、会社紹介を2~3分の動画で作成し、ホームページに掲載しています。
その会社の特徴や特色がはっきり分かる動画になっていて、社員がイキイキしている様子や全員きっと仲が良いんだろうな~と雰囲気が2~3分で伝わるものになっています。
動画とともに流れている音楽は、見ている人がワクワクするような気分が乗るBGMです。

そういった工務店と比較して、あなたの会社は良い人材に選んでもらえるようになっているでしょうか。

 

思い出してください。
あなたが宅配ピザを注文するときに、美味しそうに見えない写真だったら電話しようか迷ってしまうはずです。他のピザ屋を探す人もいるでしょう。

それと同じ感情を、就職(転職)しようとしている人も持っています。

 

正しく情報発信して、採用活動している他の住宅会社よりも良い会社だという印象を持ってもらえれば、きっと良い人材を確保できるはずです。

そのためには
・社長がどんな信念で経営しているのか
・従業員の人柄や社内の雰囲気
・どんな事務所でどんな日常なのか
・どんな社内イベントが開催されているのか

などを発信する必要があります。

これから入社してくる人達がどんな情報を求めているのかを考えると答えは見えてくるはずです。採用にもマーケティングが活きてきます。
ぜひ試してみてください。

 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック