社員ひとり当たり売上高が住宅雑誌に掲載された会社

先日、関東エリアで行われたセミナーで、
住宅雑誌に「社員ひとり当たり売上高」が
1億4400万円という素晴らしい実績で

掲載されたある工務店社長に、
工務店経営を安定させる方法について語っていただきました。

8年前に私たちナックのセミナーに初めて参加し、
学んだことを愚直に実践している社長様です。

 

そこで出た『経営』についての講演を少しだけお伝えすると、

安定経営のために「利益を数値化」することが
大切だという内容でした。

会社のリーダーである社長が、
年間いくらの利益が欲しいのかを明確にして

従業員やスタッフの人件費と経費を出して
社用車や事務所経費などの諸経費を計算することで

自社には年間いくらの粗利額があれば
健全な経営ができるのか?を

まずは社長自身が決めることがスタート地点である。
という内容です。

 

次に、その粗利額をどうやって達成するのか、
方法・手段を決めて論理的に社員に説明することが
重要だとお話しされていました。

講演された社長のケースでは
方法・手段を新築住宅に決めて、

設定した粗利額に到達するまでの
10のステップについてお話ししていただきました。

 

今いる人材で、
新しく社員を雇うことなく、
今いる社員を減らすことなく、
10のステップで仕組みをつくる方法を
熱く語っていたため、

ご参加されていた工務店社長も
熱心にメモをとっていました。

これからの活躍に期待です!

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック