車を買うなら、どこで買う?

先日お話しした「King Gnu」に続いて、
これもつい最近知ったのですが、
シンガポールに高級車の自動販売機があるそうです。

フェラーリ、ポルシェ、ベンツ、
BMWなどがずらりと
ガラス張りのビルに並んでいるそうです。


このビルの1階にある
タッチパネルで欲しい車を選ぶと、
1~2分で車が出てくるらしいですよ。

ミリオネアが多いお金持ちの国シンガポールならではですね。

 

こんにちは、田中です。

僕もシンガポールに3回行ったことがありますが
そんな自動販売機があるなんて知りませんでした。

 

シンガポールは国土が狭いので、
直線が長くて広い道はなく、
最高速度も時速90kmまでだそうです。

果たしてフェラーリやポルシェに乗る必要があるのか・・・


でも、どうして
正直、スポーツカーに乗る醍醐味が薄い国で
飛ぶように売れる・・・
という現象が起こると思いますか?


どうしてミリオネア達は高級車を買うのでしょうか?


それは、単純明快。

「欲しいから」です。


正直、必要は無いけど
欲しいから買う。

『人は感情でものを買い、理屈で正当化する』

と言われているように、
欲しいから買い、いろんな理由をつけて罪悪感をなくす。

「○○だから、買って正解だった」
「□□の時にも役立つよね」
という感じですね。


高級車も、高級腕時計も同じです。

移動手段なら、いわゆるファミリーカーでも良いはずですし、
時間を知りたいなら、スマホでも良いはず。

でも、「欲しい」感情のほうが勝っているから買うんですね。


じゃあ、自分たちに置き換えたときに

・どうすれば「欲しい」と思ってもらえるのか
・人はどんな時に「欲しい」感情が沸き起こるのか
・「必要」ではなく「欲しい」にするためにどうすればいいか

を突き詰めて考えていくことが大切ですね。


理屈ではなく、感情。

言葉でいえば簡単ですが、
意外とやってみると難しいことです。


「あなたにはこんな家が良いと思います」
「耐震等級3はマストです」

と言うよりも、

「リビングにこんな収納を付けると○○が置けて、
 □□(お客様の趣味)がしやすいですよ」
「耐震等級3にすると、地震で多い圧迫死から
 ○○ちゃん(お子様の名前)や家族を守ることができますよ」


のように、
相手の生活がどう変わるか。
どんな欲求が満たされるのか。
周りの人からどう見られるのか。

といったことを
言葉や文章、図やイラストで伝えると
お客様の感情を動かすことができます。


このような本能的に人間が持っている
欲求や願望のような感情は、
全部で8つあります。

それは機会があればまたお話ししますね。


以上、
今回は、ニーズ(必要)とウォンツ(欲しい)のお話でした。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック