バランス感覚を研ぎ澄ますタイミング

こんにちは
嶋津です。

在宅ワークにも慣れてきた今日この頃ですが、
世間では一部の企業が事業を再開していたり、
一部のデパートでも営業再開の動きが出てきました。

これは純粋に一日当たりの感染者数が
落ち着いてきたという事もありますが、

サービスが提供されなくて困っている人達がいる、
仕事のオンライン化が進み一部の再開でも
仕事が再開できる環境も整ってきた。

等々、理由はいくつか考えられます。

国家レベルでも
経済活動と国民の安全のバランスを
如何にとっていくかがニュースなどで報じられていますね。

以前のブログでも触れていましたが、
このアフターコロナを迎えるにあたって、
どの様なバランス感を持って
企業活動を戻していくかが重要なポイントです。

有名なIT企業「サイボウズ株式会社」の青野社長は

強制的に全員オンライン化にするしかなかった状況だからこそ
これまで一部参加者のみビデオ会議で行っていた時の欠点と
全員ビデオ会議にした時の利点を痛感し、

 

コロナが終息した後でも経営会議や簡単なミーティングは
はビデオ会議で行い、最終的には
社長自身はIT企業の代表として
出社せずにすべての事をオンラインで進める必要がある。

とまで考えているそうです。

有事に経験した事を活かして非常事態宣言前よりも
より効率化された企業活動を実現できたら、
そんなに素晴らしいことはないですよね?


むしろ大変な目を乗り越えた後だからこそ、
より効率化を進め、事業を拡大していかないと
気持ちが収まらないのではないでしょうか?

 

ただ、全てをオンライン化すれば良いという話でもなく、
全てを元のままにしてしまうのももったいない、
まだまだ感染リスクが残るなかで

如何に「バランス」をとりながら
効率化を図っていけるかを考えてみませんか?

弊社でもこれから行っていくオンライン研修もそうですし、
様々な企業で行っているオンライン化の良い所どりの
新しい活動スタイルを参考になると思います。

 

弊社が各地で開催している少人数勉強会でも
そういった内容に触れている内容もありますので、
気になる方はお問い合わせください!

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック