そこそこ忙しいけど、あまり儲からない・・・

昨今、私たちナックのセミナーに
参加する会社を見ていると、
数年前と比べてタイプが変わってきているように感じます。

 

最近は、仕事が無くて暇だ!という会社は
限りなくゼロに等しく、また、

仕事をやっても利益が全然残らなくて、
業者さんやその他の支払いに困っている、
という会社はかなり減っています。

裏を返すと、そこそこ、または、かなり仕事はある!
お金に困っている訳ではない。
という状況ですね。

でも、『何か』気になることがあって
セミナーに参加してきている・・・といった感じでしょうか。

 

気になる『何か』は各社それぞれだと思いますが、
とにかく何らかの悩みはあるのでしょうね。

きっと、仕事はそこそこあって、お金に困っていないけど、
「忙しい割りになんか儲かってない」と感じている方が
多くいらっしゃるのではないでしょうか?

その根本的な理由は、ズバリ
『儲かるものを売っていないから』
です。

そこそこ仕事はあるので、
お客さんがいない訳ではないはずです。

そこそこ仕事はあるので、
リフォームか修繕かリノベーションか
いずれかの工事を請け負っているはずです。

でも、儲からない・・・

この解決策は、目の前のお客さんに
今より利益率の高い工事を依頼してもらう。
これが一番早くて効果的です。

 

マーケティングの世界で、
「フロントエンド商品」「バックエンド商品」という言葉がありますが、

忙しい割りに儲からない人はフロントエンド商品だけを売って
バックエンド商品の提案すらしていない。
これが根本的な原因であるケースがほとんどです。

なので、とにかくバックエンド商品を準備して、
それをお客さんに提案してみてください。

時間も労力もほとんど同じなのに
驚くほど劇的に利益が変わるはずです。

 

追伸

フロントエンド商品、バックエンド商品の意味が分からない方は
検索してみてください。
言葉の意味は知っておいたほうが良いと思います。

この考え方は、ほとんどの業界で使われています。
例えば、マクドナルドでのフロントエンド商品は100円コーヒー、
バックエンド商品はビッグマックという具合です。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック