グーグルの裏側を知っていますか?

 

今回は、「意外と知らない、グーグル事情」について
お伝えしたいと思います。

 

スマホが普及し、
インターネットで情報を収集するのが
当たり前の時代です。

そんな環境の中、
あなたの会社の情報をPRしたり、
ホームページにお客様を誘導していくために
必ずと言っていいほど絡んでくる、

「グーグル」

のことを知らずして、
WEB上で戦っていくことは出来ません。

 

ちなみに、

「グーグル、グーグルっていつも
 グーグルの話ばかりしてるけど、
 わたしはヤフー派なんですけど・・・」

「ヤフーで検索する人も多いでしょ?」

「ヤフーの対策について考えなくてもいいの?」

このように思われた方こそ、
グーグル事情を知っておいてください。

 

まず始めに、日本における
検索エンジンの利用率でいうと、

グーグル・・・約60%
ヤフー ・・・約30%
その他 ・・・約10%

というデータが出ています。
(※ニールセン調べ)

ヤフーも無視できない利用率ですが、、、

 

ただ、意外と知られていないのですが
そもそもヤフーの検索エンジンは
グーグルの検索エンジンを採用しているのです。

見た目はヤフーのサイトでも、
検索システムはグーグルなんです。

つまり、、、

90%の利用者が
グーグルの検索エンジンによって
情報を選び、見ているということです。

なので、グーグルを知れば
おのずとヤフーの対策にもなる、
というわけです。

 

そして、次に、
グーグルがどうやって情報を集めて
検索結果として表示しているのか、
について知っておきましょう。

要は、グーグルはユーザーが求めている情報を
瞬時に表示できるように努めているということです。

検索結果に表示させるために
いろいろな策が世の中には出回っていますが、

『お客様の役に立つ情報(有益なコンテンツ)を載せること』

これが大前提であると
グーグルが言っているわけです。

 

難しい専門用語や
専門外の素人には理解不能な対策などを
勉強する必要はありません。

 

もう一度繰り返しますが、
大切なのは、、、

お客様が必要としている情報や
役に立つ情報を載せていくことです。

 

複雑に見えるグーグルの裏側ですが、
やるべきことに絞って考えてみると
意外にシンプルだという事がわかるかと思います。

お役立ち情報をしっかりと載せ、
グーグルを味方にしていきましょうね。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック