自社のことをお客様に伝えるには


皆さんの会社は、どんな住宅会社ですか?
それはお客様に伝わっていますか?

もし、うまく伝わっていないと思うなら、ストーリーで語るのが有効です。

ストーリーを語ることで、説明したり、押し付けたりすることなく相手に伝えることができるからです。そして、ストーリーは統計結果などの単なる情報ではなく「感情」を表現することができるからです。

 

例えば・・・

「良いペンがあることを知る」と言うよりも、「おっ、こんな良いペンがあるのか」とセリフで言った方が分かりやすいと思いませんか?

「より良いペンだと気付く」と言うよりも、「こっちのペンのほうが自分の使っているものより良さそうだ」と感情を込めて言った方が分かりやすいと思いませんか?

これをストーリーに膨らませると分かりやすく、伝わりやすい文章になります。

 

「お施主様ストーリーを書きましょう」
「お施主様ストーリーは読みやすい」
「お施主様ストーリーは共感をうむ」

よく言われていることです。

ただ、ストーリーが効果的なのは、もちろんお施主様ストーリーだけではありません。

そこで、あなたが会社を創業したときの「創業ストーリー」を書くためのポイントをお伝えします。

創業者ではないという人でも「創業」を「今の仕事」「今の立場」と言い換えるだけで、同じようにストーリーができます。

 

1.時系列に、過去から現在、未来へと起きた事を書く

一つひとつの項目について、より具体的に書き出すのがポイントです。

まずは以下の7つの項目について書き出してみてください。

  • 創業前どんな仕事をしていたのか
  • その時に感じていたことや心の中の葛藤
  • 創業しようと思ったキッカケ
  • 一大決心したこと
  • その時の苦労
  • 自分がどう変わったか(気持ち、感情、行動など)
  • 家づくりへの想い(お客様への想い)

昔を思い返してみると、いろいろと感じることもあったかもしれませんね。

 

2.肉付けできる情報を追加

例えば、

  • ライバルの存在
  • 自分はどんな人間か?
  • 忘れられないお客様

についてです。

 

3.写真を合わせる

いま書き出したストーリーを、現実味のあるものとして伝えるために

  • 昔の自分の写真
  • 昔の仕事風景

などの写真を合わせていきます。

文章が苦手だという人でもこれらの項目について書き出し、文章を作っていくと立派な創業ストーリーが完成します。

この創業ストーリーが出来上がると、様々な場面で活用できるようになります。

  • ホームページ
  • ブログ
  • Facebook
  • 会社パンフレット
  • POP等展示物
  • チラシ
  • 自己紹介シート
  • 名刺
  • DMに同封

また、他の社員が社長を紹介するときに創業ストーリーを載せたツールを使うのもいいです。より社長のことを伝えやすくなります。

 

その他にも、メールの署名に「●分で読める当社●●社長の創業物語」のようにテキストとURLを載せ、創業ストーリーが載っているHPへ誘導するという手段もあります。

さらに、最近ではインタビュー形式にして動画で社長の生い立ちを見てもらうケースもよくありますね。

これらはどこでも活用できると思います。

 

創業ストーリーはどんな場面でも使える万能なコンテンツです。使わない手はありません。

受け手は、物語のなかにある価値観や考え方に共感し、心を揺さぶられる。

あなたが主演の、超大作映画を作るつもりで創業ストーリーを作ってみてはいかがでしょうか。

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック