構造見学会で大切な3つのポイント

今回は、構造見学会にお客様を集めるための
『構造見学会の集客方法』
についてお伝えします。

 

構造見学会は、きちんと案内をしなければ
なかなか集客しづらいイベントです。

しかも、お客様からすると
構造よりも完成した家を見たい人が
圧倒的に多いため、

構造見学会を定期的に開催している工務店は
あまり多くありません。

たしかに、完成現場が一定のリズムで開催できれば
わざわざ構造見学会をする必要はないですからね!

でも、次の見学会を開催できるような
現場がない会社にとっては
今ある1つの現場で、構造、完成と
2回のイベントができる機会を
不意にすることはできません。

 

構造見学会を開催するにあたって
押さえておくべき大切なポイントが3つあります。

それは、

・誰に向けたイベントなのか?
・イベントの開催趣旨を伝える
・会社の強みを伝える

の3つです。

社内でこれらの3点についてはしっかりと
共通認識を持っておくべき重要なことでもあります。

構造見学会は、完成見学会と比べて
どんなことが参考になるのか、
お客様にとってはイメージがしにくいイベントです。

たくさんの人が集まるイベントでもありません。

だからこそ、狙いを定めて、
高確率で次のステップに進めて行くために
この3点について押さえておきましょう。

 

誰に向けたイベントなのか?

「構造見学会を開催します」

と言ったところで、
興味を持って反応するのは同業者くらいです。

ですので、誰にとって参考になるイベントなのかを
ハッキリと伝えないと、お客様は反応しません。

例えば、下記のように明確に伝える、ということです。

 

木造住宅で検討しているけれど、
何を比べればいいか分からない人
建築の知識がまったくない奥様
構造見学会なんて見ても
面白くないと思っている人

イベントの内容よりも
まず誰に参加して欲しいイベントなのかを
ハッキリと伝えましょう。

 

イベントの開催趣旨

そもそも構造見学会って、
何の参考になるのかが分かりにくいイベントです。

「家の構造が見れますよ」
「断熱材が見れますよ」
「家の隠れてしまう部分が見れますよ」

このように言われたとしても、
お客様からすると

「家の構造が見れますよ」
(何で見なきゃいけないの?)

「断熱材が見れますよ」
(見る必要があるの?)

「家の隠れてしまう部分が見れますよ」
(・・・で?)

というのが本音です。

 

ですので、
なぜこの構造見学会に参加した方がいいのか?
参加しないとどんな問題が起きる可能性があるのか?

というように、
お客様の家づくりにとってどのような影響や
変化があるのかという開催理由について
伝える必要があります。

それを見てはじめて、
「参加した方がいいな」
とお客様が行動する理由にも
つながっていくわけです。

 

会社の強みを伝える

イベントの開催趣旨として伝えた内容について、
当然、参加した方に、しっかりと伝える内容を
用意しておかなければいけません。

例えば、構造見学会に参加すると分かることとして、

・地震に強い家づくりの見極め方がわかる
・建てていい業者かどうかを見極め方がわかる
・構造の良し悪しを判断する視点を学べる

など、構造見学会だからこそ
伝えられることを通して、
会社の強みを伝えていきましょう。

 

ただ構造現場を見てもらって終わり、
ではもったいありません。

中立的な立場で情報を伝えながら、
同時に他社との差別化ができる場として
構造見学会は有効なイベントでもあります。

そのために、自社の強みを洗い出しておき
その強みを伝える手段を事前に用意をしておきましょうね。

以上の3つのポイントを押さえて
構造見学会をより効果的なイベントとして
開催していきましょう!

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック