消費増税に備えて「住宅エコポイント」が復活?


消費税10%への増税は
皆さんご存知のとおり
過去に2回延期されました。

今のところ、2019年10月に
10%への引き上げが
予定されています。

 

そして、ここ最近、
「軽減税率」に関するニュースが
新聞やテレビで報道されています。

野菜や精肉などの食品を
キャッシュレスで購入すれば
2%を還元することで
実質8%で買えるようにする
という政策です。

 

この議論が政府・国会で出てくる
ということは、10%への増税が
実施される可能性が高まった、
という見方もできますよね。

 

そして、、、

 

さらに、住宅に関する増税後の冷え込み対策が
5日ほど前からニュースで出てくるようになりました。

 

それが、

「住宅エコポイント」です。

 

省エネ性能が高い住宅の
新築やリフォーム時にもらえる

「住宅エコポイント」の復活を
政府が検討していることが
報道されました。

 

住宅を購入した際のエンドユーザーの
負担を減らすことで、増税に備えた
経済対策を狙っています。

今までに実施された住宅エコポイントでは、

一定の省エネ基準を満たした
戸建てや新築マンションを購入した場合は
30万ポイントを、

窓や壁の断熱改修などのリフォームにも
最大30万ポイントを、

リフォームと耐震改修を合わせると
最大45万ポイントを、

それぞれ発行していました。

 

1ポイントは1円相当として
追加の住宅工事や、商品券、プリペイドカードなどと
交換できる仕組みでした。

 

さて、今回は住宅エコポイントは
復活するのかどうか?

復活されるとすれば、どのような内容なのか?

 

今後も住宅エコポイント関連のニュースは見逃せません。

 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック