SNS広告って出した方がいい?

先日、会員工務店から
「今だからこそ、SNS広告って
 出した方がいいんですか?」
という質問がありました。

おそらく家づくり世代は
「ステイホーム」で家にいて、
スマホを使う時間がかなり増えている。

そして工務店側からも
費用をかけずに情報を送ることができるSNS。

この際、お金をかけてSNS広告も
やってみようかと思っている。

そんな内容でした。

 

まず、大前提として、
『SNS広告を出す目的』
をしっかりと決めておく必要があります。

 

○認知してもらうこと

自社が新築工事を請け負っていること、
家づくりの際には自社に
声をかけて欲しいと訴求することを目的に、
自社の情報を出して知ってもらおうとすることです。

SNS上にはたくさんの投稿やたくさんの広告、
たくさんの動画があります。でも、
それを一つひとつじっくり読む人はきっといないでしょう…

「ちょっと見てみよう」
「この会社のものは参考になるな」
と思ってもらえていればOKなのですが、
実はそういう投稿は少ないです。

 

思い出してみてください。

あなたは昨日、SNSを見ましたか?

もし、昨日見たのなら、
そこに出てきた広告を覚えていますか?

覚えていないのなら、
認知は失敗です。

 

あなたが昨日見た広告を超える広告を出さなければ
認知されることはありません。

そうです。
結局、何を発信するか?

SNS広告を出す目的も大切ですが、
そこにある情報の質も大切です。

 

気軽に見えるSNSも、
肝を抑えていないと意外と難しいんですよ。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック