小さなステップ


皆さんはパソコン用メガネを使ったことはありますか?

パソコンやスマホ画面から出る、目の疲れやまぶしさを感じる原因となるブルーライトをカットしてくれる、あのメガネです。私は最近このメガネを使い始めました。

でも、実は以前までパソコン用メガネが嫌いだったのです・・・理由は、レンズが青く光って見えるのが不気味だから。

周りの人が青く光っているのを見て、自分はかけたくない、と思っていたのです。最近まで。

でも、一度メガネを借りてパソコン作業をして、しばらくしてメガネを外すと・・・画面がまぶしい~!!と感じるようになってしまいました。

それからは思い出す度にメガネを借りてほとんど毎日、使うようになりました。何度も借りるのが申し訳ないのでそろそろ買おうかと思っているところです。少し前まで「あのメガネは青く光るから嫌だ」と思っていたのに、今では「買おうかな」に心変わりしています。

 

ふと自分の行動を思い返してみると、メガネ購入までの小さなステップを登っていることに気付きました。

きっと周りの人が誰もパソコン用メガネを使っていなければ、ちょっと借りてみようと思う気は起こらなかったはずですし、ましてや買おうという気は起こらなかったはずです。

もし、パソコン用メガネを貸してくれなかったら、まぶしさが和らいで目が疲れにくくなる実感を感じることは出来なかったはずです。

・周りの人がパソコン用メガネを使っている(身近に感じる)
・借りて使ってみる
・効果を感じる
・購入したいと思う

このような小さなステップを知らず知らずのうちに登っていたのです。小さなステップを登り続けて気付けば購入直前のところまで来ています。

 

お客様に小さなステップを登ってもらう

これは反対の立場になった時に有効な手段です。注文住宅の購入で言えば、

・チラシを見て見学会に来場してもらう
・接客する
・プラント資金面のすり合わせをする
・契約になる

ざっくりと言えばこのようなステップになると思います。

でも、見学会に来場してもらう事がなかなかできないのなら、

・自社のことを身近に感じてもらう
・ブログ(メルマガ)を見てもらう
または資料請求だけでもしてもらう
・さらに自社を身近に感じてもらう
・他社に比べて良い会社だな~と思ってもらう
・見学会に来場してもらう

のような小さなステップをたくさん用意してあげるとお客様は行動しやすくなります。

 

見学会の来場だけではなく、何に対しても小さなステップを登ってもらえば行動してもらいやすくなるのは同じです。

アパレル定員さんが試着をオススメするのも同じ理由です。

もし、行動してもらいたいお客様がいるのなら、小さなステップを準備してみてはいかがでしょうか。

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック