チップをより多くもらえたのは、次のうちどれ?

今回は、心理学の要素が入っています。
ちょっと考えてみてください。

とある、アメリカのレストランでのこと。

このレストランでは
お客様にサービスとして
キャンディをあげているのですが、

キャンディの渡し方を変えることで、
お客様からもらえるチップの額に違いは出るのか
という実験をしました。


1.
レジの前のかごにキャンディを入れて、
お客様に勝手に持って行ってもらう。

2.
お客様に伝票を渡す前に、
キャンディを1個渡す。

3.
お客様に伝票を渡す前に、
キャンディを2個渡す。

さて、この3つのキャンディの渡し方の違いによって
チップ額はどのように違ったでしょうか?


結果は・・・

キャンディを勝手に持って行ってもらう(1)と
伝票と一緒に1個キャンディをあげた(2)では
チップ額は3.3%増えました。

そして、伝票と一緒に2個キャンディをあげた
(3)のチップ額は、(1)と比べて
14.1%もの違いがありました。

キャンディを1個渡したら3.3%増え、
2個にしたら6.6%になるわけではなく、
14.1%もアップした、という結果です。


さらに、この実験は続きます。

キャンディを2個あげるのは変えずに、
渡し方を変えてみる実験もしました。

4.
1個キャンディをテーブルでお客様に渡した後、
いったんテーブルを離れるそぶりを見せてから
途中でわざわざ戻ってきて、
もう1個のキャンディを渡す。


その結果は・・・

チップ額は23%も多くなったんです。

日本ではチップをあげる風習はありませんが、
もし、あなたがお客様の立場だったとして、
ウェイターにチップをあげるとしたら

(4)の渡され方が一番
チップをあげたくなるのではないでしょうか。

わざわざテーブルに戻ってきてくれてまで、
さらに1個くれるので特別感がありますよね。

ウェイターの予想外の行動に対して
特別なことをしてくれた、と感じますね。

この特別感が、チップの金額が増えた
大きな理由となっています。


この実験・事例から何が言えるか?
と言いますと、

何かをプレゼントしたり相手に何かを渡すときは
「特別感」が伝わるように
渡し方をすこし工夫するだけで相手は喜び、
好意的になってもらいやすい。ということです。


この特別感は、プレゼントをあげるときに限らず、
接客の最中やプラン・金額の提示のときなど

単純に演出を変えるだけで
大きくお客様の反応が変わります。


さて、あなたはお客様に対して
特別感を持ってもらうために
もっと工夫できることはありませんか?

特別感は、しっかりと自分のことを見てくれている
と思ってもらうための武器になります。

人は、施しを受けたときに
何らかのカタチで施し返してあげたいと
無意識に思うものです。

いわゆる、返報性の法則を意識してみてください。

 
 

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック