ダイレクトメール(DM)の効果


ホームページやメールなどに加えて今では当たり前のようにFacebookやLINE、YouTubeなどを利用する人がどんどん増えてきています。

そんな中、実は、オフラインであるダイレクトメール(DM)の効果が上がってきているんです。

それはいったい、どうしてなのか? これを読んでいる皆さんにはこの事実を知っておいて欲しいんです。

 

なぜ、DMの反応が上がってきているのか?

理由はいたってシンプルです。それは、郵便で情報を送る頻度が下がってきたから。です。

例えば、以前は手紙を書いて郵便で送っていたものが、今ではメールやFacebook、LINEを使うことで気軽にできるようになりました。

確かに、伝達手段が新しいものに切り替わってきたと言えるのは事実ですが、それと同時に、「郵便で情報を送る頻度が下がった」ことで「郵便でお客様に情報を送る競合が減った」という事実を知っておく必要があります。

もともとDM自体、お客様に情報を伝え、行動させる手段として最も優れている手段といっても過言ではありません。最高の情報伝達手段でもあるDMを送る競合が減っているからこそDMの効果が上がってきているんです。

事実、あのGoogleもDM(郵便)を使って案内を送っています。

 

圧倒的大多数の人が、郵便物を受け取るとすぐに中身を読む傾向があると言われています。

さらにいうと、DMを送っている競合がたくさんいる場合・・・競合のDMを含めた中からお客様の注意を引くことができなければ残念ながらあなたのDMはゴミ箱行きです。

ただ、DMを送る競合が減ってきているので、DMが届いていることだけでも注意を引きつけられるほどになっています。

あなたも、最近、DMで案内を受け取る機会がかなり減っているんじゃないでしょうか。つまり、あなたが送った情報を読んでくれる可能性がずっと高くなっているということです。

 

さらにさらに!

想像してみてください。

あなたからのDMを手に取ったお客様。ダイニングテーブルに腰かけて、DMを開封しました。

これで、あなたからのメッセージだけに注目してくれる状態になりました。お客様の注意をそらすような広告が目に入ってくるわけでもありません。ついついネットサーフィンをしてしまう状況ではありません。ダイニングテーブルにお客様とあなたが一緒に座って話をしている状態です。

「あなた(お客様)は今、●●のような悩みや不安を抱えているんじゃないですか?」
「その悩みや不安がどれだけ苦痛なのか、私もよ~くわかります。」
「その悩みや不安を解決する術を、私がご用意しました。」

というように、お客様と1対1で対話ができるような状態をDMが作り上げることが出来るんです。これも、DMが最高の伝達手段といわれる理由でもあります。

 

DMの重要性や効果について今一度知っていただくのと同時に、あなたの分身がお客様の家で1対1で話をしている状態をしっかりと意識をしてDMを送ると、また今までと違った反応が出ることでしょう。

もし、あなたが今までDMをあまり出していなかったとしたら・・・この手段を使わない手はないですよね。あなたの分身をお客様の家にどんどん送り込みましょう!

 

「そうは言っても、DMの反応がそこまで良いわけではない。」という方は、DMの内容に問題があるのかもしれません。

先ほどお伝えしたように、DMは1対1の対話です。ただ、「イベントやります」のような情報を伝えるだけではお客様は行動しませんのでご注意を。

新築・注文住宅の受注・売上・利益を伸ばすなら株式会社ナック